バラとガーデニングと犬とネコ

10年以上前にバラの家と出会い、バラのマニアに。犬と猫4匹もいて、ペットの話題も。

バラの梅雨から夏にかけての管理

こんにちは、mymykenshinです。暑いですね。東京は、まだ梅雨が明けておりませんが、連日35度を超える暑さとなっています。

まあ、関東も関西も暑いでしょうけど

今日は、この時期のバラの管理について、書こうと思います

 

写真は、ロサオリエンタスのロビンです。夏なので、花が小さく あっさりした花となります。

 

 

※ランキングにポチしてくれた方ありがとう。引き続きよろしくお願いします。

なんとか上位3つに。


薔薇(バラ)ランキング

 

当ブログは初心者でも簡単にバラを楽しめるように、品種選定から、管理方法まで以下のサイトにまとめてあります。是非いろいろ見ていってください。

www.rosarian777.com

まず梅雨時期の管理についてですが、まず病気ですが、何度も話していますが、黒星病が蔓延しやすい時期です

 

黒星病になると、葉っぱに黒の斑点ができて、どんどん落ちてしまいます。

そして、どんどん広がっていきます。正体はカビの一種です。

 

何も対策しないと、弱い品種ですと葉っぱが全部落ちてしまいます。

また近くにあるバラにどんどん伝染していきます

これは我が家の正面に植えている かなり大きなピエールドロンサールですが、今年は消毒をしっかりしているので黒星病が出ていませんが、去年は かなり出してしまいました。

 

そうすると、大きいだけに、周囲にどんどん伝染していまうのです。そこで黒星病が出たら、他の黒星病が出ていないバラと離して管理した方がいいことになります。

 

普段薬剤散布しない人でも、この時期はやったほうがいいでしょう。

 

それから黒星病には予防薬と治療薬があって、黒星病の薬の多くが予防薬なんですね。

予防薬の例としては ベンレート水和剤とか、サプロール乳剤とかですかね

 

そして黒星病になった場合の薬としてはサルバトーレとなります。

できるだけ事前に予防薬で防御しつつなってしまったら治療薬を使って直すことになります

 

それから梅雨から初夏は 全ての害虫が一斉に活動的になります。

春先にアブラムシを防がないと、いまごろアブラムシだらけですし、芋虫系もたくさん出て、放置していると全部食べられてしまいます。カミキリムシは産卵時期です。夏はカイガラムシやハダニが出ます。コガネムシも産卵します

 

しかも梅雨時期は、どうしてもバラの様子を見なくなるので初夏に気が付いたら ガの幼虫で埋め尽くされていることもよくあります。

 

私も去年と一昨年に幼虫をいっぱい出してしまったことがあります

 

まず防御ですがベニカXガードを規定量まいておきます

 


 

これを一か月に一回まいておくだけで病気も虫も 結構予防できる優れものです

他にもゼンターリ水和剤という。イモムシが、この薬剤を散布した葉っぱを食べると死んでしまうという便利なものがあります。

しかも農薬ですが有機農法の指定薬剤なのでエコな商品なのです

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゼンターリ 顆粒水和剤 100g
価格:1,100円(税込、送料別) (2024/7/7時点)


 

 

以上は虫と病気の予防薬なのですが、防ぎきれない場合があります

イモムシだったらベニカS乳剤を散布すると、いちころです。オススメです

 

こんな感じで、病気と虫との闘いが一番厳しい時期ですので、頑張りましょう

 

このダメージを小さくすることが、秋バラや来年のバラに かなり大きく影響します

 

一方で湿度が高い今の時期はバラが どんどん成長する時期でもあります。

写真はベーサルシュートですが、この時期にシュートをどんどん出させて大きくしないと、夏になると暑さで成長が止まりますので、そういう意味でも今の時期は大切なのです

 

バラを育ていて、上手な人と下手な人の差が出るのがシュート(新芽)なんじゃないかなと思います。

私の家のバラも 今年はしっかり管理しているのでシュートが かなり出ています。

 

ですが、バラの家で作っているバラ塾で 去年 ガブリエルを鉢で育てていましたが、見たことないぐらいシュートが出ています。

達人が育てると あんな感じになるのです。

一方で昔の私は、シュートがなかなか出なくて何が だめなんだろうと悩んだものですが、今から考えると 我流が多くて、あまり良い育て方ではなかったなと思います

 

今は、ユーチューブでプロの方達が、発信しているので、そういうのを参考にするとよいと思います

私が参考にしている動画を貼っておきます

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

ただ注意したいのは、いくつも見る事で やりすぎるのは 最悪ということです

 

簡単な例でいうと肥料。 各ユーチューブでオススメの肥料を全部あげたら、明らかにやりすぎで バラにはよくない。肥料のやり過ぎは枯れることもあります

 

なので、一つに絞って、そのチャンネルで言われた通りに肥料をやるのがいいと思います。例えばバラ塾だと 一か月に一回 有機肥料かIB肥料のどちらかになります

それだけです。木村さんは それ以上は活性剤も必要ないと言っていますね。

ウッドデッキの2階のバラです。かなり 生育がいいのですが、

よく見ると

 

下の方が黄色くなって枯れているものもあります。

これは黒星病ではないかと思うかもしれませんが、黒の斑点がないので黒星病ではありません。

黒星病は、地面の方から出るので、かなり似ていますが これは違います

 

バラの生理現象で上の成長に夢中で、光合成もしない下の葉っぱは 見捨てられたわけです。

だから問題なし。

 

バラ栽培で一番難しいのは水やりじゃないかと思うのです。

 

その他のことはyoutubeで、プロが手の内を全部公開しているので、その通りにやればいいだけなのです。

土も、肥料も 鉢も薬剤も バラの品種も、指定されたものを買って、言われた通りにすればいいだけです。

 

日当たりは良いところにすればいいだけです

 

ですが水やりは、

「土の表面が乾いたら、たっぷり上げる」だけと みんな いいます。

 

私も その教えの通り朝の5時くらいに 土の表面を確認しながら水を上げています。

また晴れの予報のときは葉水はしっかりやっています。(葉っぱに水をかける)

 

しかし、例えば朝に まだ土の表面が湿っていて 水やりをしなくても、昼に36度とか気温が上がってくると、昼の灼熱の時間に 新芽がくたってしていることもあります。

 

私は家で仕事しているので、昼ご飯食べたあとに、庭をパトロールして、やばそうなら、そこで水やりをします。

 

でも普通の会社員だと夜になるまでバラの状態は見られないので、私のようなことはできないのです。

となると暑い時期は、午前中から、しっかり水をやっておくなどの対策が必要となります。

 

また鉢に根がいっぱい張っていると、鉢の中が乾燥するのが早くなります

 

なぜなら鉢の上が、結構大きく成長していて、そこから どんどん蒸散していくからです。

だから、根がいっぱい張っている状況だと鉢を大きなものに植え替えておくと、水やりが楽になります。

ただし じゃあ、最初から めちゃくちゃでかい鉢に植えればいいじゃんと、初心者は考えますよね。

それは大間違いです。最初から大きい鉢にしてしまうと、いつまでも鉢が乾かない。根は呼吸しているのです。だから いつまでも乾かない土は 根腐れを起こすのです。

また根も いつまでも湿っている状態だと、伸ばさなくていいやっとなって、、伸びないのです。

 

つまりバラは根がギュウギュウになったら 少しだけ大きな鉢に植え替えするのが、成長の意味で良いのです。

 

そして鉢に植え替えしていいのは、夏が始まるまでです、つまり今が最後なのです。

 

この辺の話はバラ塾で勉強しておいてください

 

最後にローズシナクティフです。

 

 

※楽天Roomはじめました。私のオススメ商品(バラ栽培資材など)が知りたい人はこちらを見てください。

room.rakuten.co.jp

 

    ※メールアドレス作りました。バラに関すること、栽培の相談事、なんでも気軽に相談ください。

rosarian777☆yahoo.co.jp   (☆を@に変えてね) 

※よかったらポチをお願いします。

 にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村


薔薇(バラ)ランキング