バラとガーデニングと犬とネコ

東京近郊でバラを育てて10年になります。そして犬1匹、猫2匹飼っています。ガーデニングやペットの話を少しずつ書いていきます。

高校野球の一体感が懐かしい。時代の流れを感じる寂しさ。

f:id:mymykenshin:20170813045638j:plain

今週のお題「高校野球」

※これは、はてなブログの今週のお題に投稿したものです。

 

私の出身校は、神奈川の強豪校(横浜ではありません)の一角なので、毎年夏の高校野球は楽しみにしています。

私も実際に球場に足を運ぶこともたまにあります。

高校野球の良さは、とにかく一生懸命につきると思います。

 野球も強豪校になると、3年間信じられない練習量をこなして甲子園をめざしますが、一球一球魂をこめて投げて、それを思いっきり打って、死ぬ気でボールを追いかける。

最後まで勝てるのは優勝校だけだから、どこかで負けるわけだけど、負けた時は、3年間やりきった思いと、最後の試合での後悔と、そういうものが全部凝縮した涙にもらい泣きしてしまいます。

 

 大学受験の時とか、同級生がこんなに頑張っているんだから自分も頑張らなきゃと勉強していたことを思い出します。

 

中高年になると、ひたすら頑張るということがなくなってしまって、そういう球児達に一生懸命だったころの自分を重ねて応援したくなります。

 

そんな高校野球ですが、時代の流れを感じざるをえないと思います

私たちの青春時代は荒れている学校は、本当に荒れていて、高校野球は明らかにそういう不良達を統制する道具に使われていました。

 

高校球児も体力がありあまっていて、野球をしていなきゃ、何しでかすかわからんみたいな怖い球児たちも、いっぱいいました。今はときめくメジャーリーガーの中学の素行の悪さは有名でしたしね。プロになっても未成年喫煙問題とかね。

 

それを高野連が連帯責任でしばって統制する形でした。野球漫画でも、野球部でもない不良が、高校球児に出場停止をネタに脅して暴行を加えるようなストーリーはたくさんありました。きっと現実にもあったのでしょう。

 

今は、頑張ってきた球児がかわいそうだからという理由で、出場辞退が減りましたね。

その理由はとてもわかるのですが、私たちの時代は、野球部を学校全部や町全部が応援していて、迷惑かけたらいけないから素行に注意しようという一体感や、気持ちが好きでした。野球をしていない周囲も人も一緒に野球やっているような連帯感です。

 

でも、そんなの野球に求めるのは時代遅れだなと思います。

うちの息子見ていても、野球より断然サッカーの方が人気ありますもん。ルールすら知らない。

それに親が、いっぱい出てきて、「なんで他の子のせいでうちの子が迷惑こうむらなきゃ行けないのよ!」ってことになるからだそうです。いわゆる個人主義の台頭ですね。

だから、一生懸命やった選手がかわいそうだから出場辞退しないという選択も批判しないけど、裏側では野球中心に皆で応援していた時代が終わりを告げて、なくなっていくんだなという寂しさを感じています。

願わくば、3年間一生懸命野球に打ち込んで、試合で一生懸命プレーするのはなくなってほしくないと思い、また高校球児たちを応援していこうと思う。

 

※よかったらポチお願いします。ランキングが記事更新のはげみになります。(2つもごめんなさいm(_ _)m

 


薔薇(バラ)ランキング

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村

 

www.rosarian777.com