バラとガーデニングと犬とネコ

東京近郊でバラを育てて10年になります。そして犬1匹、猫2匹飼っています。ガーデニングやペットの話を少しずつ書いていきます。

イングリッシュローズ

f:id:mymykenshin:20170717064956j:plain

おはようございます。mymykenshinです。今日はイングリッシュローズについて書きたいと思います。写真は2012年の国際バラとガーデニングショーのイングリッシュローズのブース。素晴らしいでしょ。今年の国際バラとガーデニングショーに行ったらイングリッシュローズのブースがなくてショックでした。採算が合わなくて撤退とのこと。

いや、そういう問題じゃないでしょ。どんだけ、日本人に愛されていると思っているのよといいたいですね。

 ①イングリッシュローズとは。

名前からすると、イギリスで作出されたバラの総称と思ってしまいますが、正解はデビッドオースチン社から発売されたバラのことを、イングリッシュローズといいます。

創始者のデビッドオースチンは、おじいちゃんですが、まだ活躍されています。

1961年に最初の品種 1970年ぐらいから四季咲き性のバラを出したようです。そして1985年に殿堂入りとなったグラハムトーマスを出して、今でも様々な品種を出しています。

当時はお花屋さんでよく見る剣弁花などのモダンローズが主流でして、病気にも弱いものも多かったのに対し、オースチンは、当時としては画期的だったモダンローズにオールドローズを交配させることで、丈夫で自然に調和したバラを作出したわけです。

今では、無農薬や減農薬でバラ栽培が流行っていますが、それはひとえにデビットオースチンのお陰というわけです。

 

その辺の歴史は趣味の園芸 別冊 「イングリッシュローズのすべて」という本に詳しく書いております。私は実際に購入しましたが、この本はバラの愛好家にやばい本ですね。次から次へと買いたくなるような美しい写真がてんこ盛りです。

 


それでは私の寂しい手持ちの資料から、いくつか紹介していきたいと思います。イングリッシュローズをまとめて見れるガーデンって、そんなに多くはなくて、そういう意味で、この本は見ているだけで楽しいのでイングリッシュローズが好きな人にはオススメですね。

①グラハムトーマス

f:id:mymykenshin:20170717072333j:plain

屋内で色がイマイチですみません。2009年 殿堂入りバラ。イングリッシュローズには素晴らしい黄色いバラがいくつかありますが、イングリッシュローズを飛躍的に有名にした銘花です。

 

②セプタードアイル

f:id:mymykenshin:20170717073546j:plain

イングリッシュローズの半分以上はピンク系ですが、それぞれに美しい。先ほどの本を見ると色々あるんだなと実感するはずです。

③ウィリアムシェークスピア2000

 

f:id:mymykenshin:20170717074040j:plain

私は赤いバラを持っていなくて、来年あたり、買おうかなって思っています。

 

私の持っている品種

クイーンオブスウェーデン 丈夫で育てやすくて超おすすめ

f:id:mymykenshin:20170717074446j:plain

パットオースチン オレンジで一番のバラですね 育てやすい

f:id:mymykenshin:20170717074714j:plain

ウィンチェスターオブカシードラル

f:id:mymykenshin:20170717074819j:plain

ティージングジョージア 一番お気に入り 育てやすい。

f:id:mymykenshin:20170717074943j:plain

ジェントルハーマイオニー この子は咲かせるのに時間がかかった

f:id:mymykenshin:20170717075153j:plain

モーティマーサックラー これは棘があまりない 育てやすいです。

f:id:mymykenshin:20170717075636j:plain

まだまだ欲しい品種あるのですが、スペースがもうなくて。本を見ながら冬の販売時期にセレクトしないとね。

 

 

 

※よかったらポチお願いします。ランキングが記事更新のはげみになります。(2つもごめんなさいm(_ _)m

 


薔薇(バラ)ランキング

 

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ バラ園芸へ
にほんブログ村