バラとガーデニングと犬とネコ

東京近郊でバラを育てて10年になります。そして犬1匹、猫2匹飼っています。ガーデニングやペットの話を少しずつ書いていきます。

選択をするということは生きること

f:id:mymykenshin:20170709220737j:plain

SK-Ⅱの動画を見ると、周囲の目に縛られる女性にもっと自由に生きようというメッセージなんだろう。

私は男性で人生も半ばを超えています。そして結婚もしていて子供もいますが、転職も多く、5社目です。

そう聞くと、ダメパパみたいじゃないですか。ですが、少なくとも転職はキャリアアップになっているし、お給料も一般的な年収からすると高い方だと思います。

 

「そんなこといって協調性ないんじゃないの」って思うでしょう。その通りです。仕事の結果重視で尖がったところがあるので、嫌われます。一方で、結果を出していますから、転職活動をすれば、給料上積みしても是非来てくださいといわれている自負心もあります。

そして、転職のたびにしんどい思いをしているのも事実です。挑戦することが常に良い

とは限らない。多分、自分は強い人間なので、結果が悪くないのだと思う。

 

若いときは仕事にしても、結婚にしても「これでいいんだろうか」と不安の中にいたのは覚えています。そして選択の中で失敗したかなというものも、あります。

でも失敗も含めて色んな選択の結果、今の自分があり、家族がいるわけです。家族のことを愛しているので、そういう失敗の選択も、人生の1ページとして受けいられるようになりました。

もし失敗しなければ、今の奥さんと結婚することもなく、愛する子も生まれてくることはなかったわけですから。結婚して子供が生まれて12年。既に家族として懸命に頑張った時間が濃密だからだと思います。

一方で、結婚しなければ、金銭的にも余裕で楽しい人生もあったかもしれませんが。自分の場合は、結婚しなきゃよかったという気持ちはありません。

でも、そういう風に結婚しなければ良かったと思う人がいるのも事実です。

 

結局、何かを選択すれば、何かを得て、何かを失うわけじゃないですか。小さいころは選択していないから、無限の選択肢があって、そして可能性を少しずつ捨てていくものだと思っています。

だったら、周囲の目とか関係なく、自分のしっかりした意思で決めるべきでしょう。期限もない。自分の人生なんだから。

願わくば、それが将来受けいられるものであってほしいと思います。