バラとガーデニングと犬とネコ

東京近郊でバラを育てて10年になります。そして犬1匹、猫2匹飼っています。ガーデニングやペットの話を少しずつ書いていきます。

バラの殺菌について

f:id:mymykenshin:20170709063056j:plain

今日はバラの殺菌について書こうと思います。

その前に今日の庭の花は、5月の写真ですが、西洋シャクナゲです。うちでは一日日の当たらないところで育てていて、家を建てた12年前に植えて、少しずつ大きくなるのに全く咲かず。ところが今年は急にきれいな花を咲かせました。よくわからないですね。

f:id:mymykenshin:20170707051219j:plain

 さて本題。正直、農薬のことを書くのは気が引ける。私もそうでしたが、使ったことない人には、怖いものじゃないですか。

ですが、実際に使う使わないは自己判断として、知ることは悪くないと思うのです。

 

(1)殺虫剤と殺菌剤

基本的に農薬は、国が管理していて、毒性の高いものは、使用できないことになっています。なので使用方法を守れば、人体にすぐに影響を与えることはないです。

 

農薬には殺虫剤と殺菌剤があって、殺虫剤は害虫駆除、殺菌剤は病気の予防と治療のために行います。

 

殺虫剤は虫を殺すわけで、代表的なのが、皆さんが使っているゴ〇ブリのコックローチとか、蚊取線香と似たような成分が入っています。

虫の神経をおかしくして、殺す系ですね。殺虫剤は特定の虫だけ殺す薬(人間には無害)もありますが、益虫にも人間にも何らかの影響を与える(ような気がする)。

したがって殺虫剤は、アブラムシとか、ハダニとか、使わないとどうしようもない状況に限って(しかも自然農薬を優先させて)最低限のラインで使うことにしています。

 

一方で殺菌剤は、基本的に消毒のためなので、ハードルは大分下がります。普段から手をアルコールで消毒したりしますよね。それに近い。殺菌剤には病気の予防剤と、病気の治療薬の2種類があります。

 

(2)バラの病気について

基本的に「うどんこ病」と「黒星病」というのがあります。個人的にはその他の病気は無視しています。

うどんこ病は、朝と昼の気温差が激しいとき。特に春先に発生します。新しい葉が波打った状況になったなと思ったら、すでに、うどんこ病で、その後、葉に白いカビのようなものがつきます。乾いたところに発生しやすく、ビニールハウス栽培で大量発生すると聞きます。

 

黒星病(黒点病)は、細菌は主に土の中に眠っていて、雨がふったときに、ドロ跳ねで感染するそうです。葉っぱに黒いは斑点が出てきて、黄色く枯れてしまいます。

黒星病が蔓延すると、一鉢に葉っぱがほとんどないという事態が発生します。

当然光合成できないので、成長が阻害されます。

 

ちなみに我が家では、(強い品種ばかりというのもありますが)うどんこ病は、ほとんど発生しません。苗を買ったばっかりのときに少し出るくらいでしょうか。うどんこ病はニーム+えひめAIで防げると思っているので殺菌剤は使わず。(近日にやり方を書きます)

したがって、残る黒星病対策について書きます。特に長雨の梅雨と秋雨前線の頃ですね。

 

(3)使用薬剤

①ジマンダイセンフロアブル(予防剤)

安心な農薬として農作物や園芸に昔から広く使われています。効果が長持ちする点も良いかと思います。価格も安く500MLもあったら、2度目の購入は必要ないぐらい。

 


バラ栽培で広く使われています。農作物にも使われています。
②サプロール(予防と治療)

 


③サンヨール(治療) 

個人的には殺虫効果があるので、上の2つよりは使いたくない薬剤で、これは補助です。液体の色も紫色しています。(薄めた状態では色は当然目立たないですが

 


  

④ダコニール(予防)

ダコニールは、安心な部類なのですが、致命的欠点があって、高温のときに使うと薬害が出まくる。

5月にまいて、そのときすごく暑くなって、薬害出てきたので最近は春と秋の涼しいときにしか使わないです。

 


(4)ローテーションと頻度 

農薬は同じものを使い続けると効果が出なくなります。そこで違うもの(正確にいうと違う成分のもの、農薬によっては名前が違って成分があまり変わらないものもある)を巡回して使う形になります。上記の農薬はローテーションOK

 

病気の出ないうちに(雨が降る前に)予防剤をまいておいて、病気が出たら治療薬を散布する感じです。人間の風邪をイメージしてください

 

梅雨の時期だと比較的強いイングリッシュローズや、健全に成長したもので2週間に1度。新苗や、比較的弱い品種は毎週消毒すると良いようです。

 

そして農薬をまくときの常識ですが、葉っぱの表裏にちゃんと散布する。そして風の強い日は避ける。眼鏡をするなど、使用上の注意は守りましょう。

 

(5)最後に

農薬を使うときは、成分や使用方法は、必ずメーカーのHPで確認して、自分で納得して使って下さい。今日は忙しいので病気の画像等がなくて、わかりにくくてすみません。

梅雨の時期なので、時期を逸しないためにサクサクと書きました。

 

最後に、今日庭で咲いていたクレマチスです。癒されてくださいね。

f:id:mymykenshin:20170707070708j:plain

 

 

※よかったらポチお願いします。ランキングが記事更新のはげみになります。(2つもごめんなさいm(_ _)m

 


薔薇(バラ)ランキング